自分に適切な住まいを見つけることで安心して暮らそう

知識を得る

賃貸のちょっとした豆知識

賃貸物件の家賃はボーナスを除く月給の三分の一以下がベストと言われています。そのため、最初に月給の三分の一の金額を計算して希望の家賃を設定すると探しやすくなります。 借りるときに必要になるのが、礼金や敷金などの初期費用ですが、これらを合わせると、家賃4ヵ月分〜6カ月分は用意しておく必要があります。家賃7万円の賃貸物件を借りたいならば、資金として28万円〜42万円ぐらいは必要な計算になります。資金を十分に用意しておくことで、希望条件に近い賃貸物件が借りれます。 また、賃貸契約の初期費用以外にかかるのが引越し費用です。引越し費用は旧住所と新住所の距離が遠ければ、それだけガソリン代や高速代がかかるので高くなります。

工夫することで安く借りれる

借りるときに最低でも20万円代の資金が必要になる賃貸物件ですが、工夫しだいで初期費用を大幅にカットできます。一番簡単なのが敷金・礼金なしの物件を借りることです。敷金・礼金なしの物件は探すと意外と沢山あります。ただし、立地が悪かったり建てつけが悪かったりと何かしらの欠点がある物件が多いので、その辺は覚悟しておくことです。また、仲介手数料半額キャンペーンをやっている時期を狙って借りることでも初期費用をカットできます。 引越し費用も複数の会社から見積もりを貰うこと、そしてできるだけ値切ることで安くできます。特に夏場などは値下げしてもらいやすい時期です。また、土日祝日以外の平日に引越したり、時間指定のないフリー便にしたりすることでも値下げできます。